【ゲームの世界に「敵」なんて存在しない!?】ゲームとチームの類似点と違い【アレ★トーク(3)】

次回:【日本における家庭料理の商品化】あなたの「ペペロンチーノ」はどこから?【アレ★トーク(2)】 〈アレ★Club〉のメンバーがGoogle Hangoutで行っている日々の雑談の中から、「一匙の公共性」がありそうなも […]

【第4回】その灯火を手がかりに(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界)

前回:【第3回】出来たら配信!気が向いたら執筆!(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界) ◆お知らせ 本連載の肝と言える作品である『ひとりぼっちの地球侵略』が、先日の2018年9月12日に無 […]

【ボードゲーム批評】『ポンペイ滅亡』:命の数は死体の数だ【盤面は語る(第3回)】

前回:【ボードゲーム批評】『カルカソンヌ』について:競争と人数【盤面は語る(第2回)】 読者諸君は「命の音」を聞いたことがあるだろうか?  心臓の音、呼吸の音……「命の音」は色々あるが、これらは身体の生命活動が音を立てて […]

『理性の限界』:人間はどこまで「可能」か?【山下泰春の「入門書」入門(第2回)】

前回:『カント入門』:人間の「理性」は正しいか?【山下泰春の「入門書」入門(第1回)】 ◆理性の「限界」はどこにある? 前回の記事で筆者はイマヌエル・カント(1724~1804)というドイツの哲学者の入門書を取り上げ、彼 […]

藁にも頼りたくなるとき:「幽霊」はどこにいったのか【「数字」から垣間見る過去(第3回)】

前回:「世間」はどこにある?:その見方、教えます 【「数字」から垣間見る過去(第2回)】 ◆「常識」なくしては、生きられない 第1回、第2回と、このシリーズでは「常識」に横やりを入れるような記事を書いてきた。とは言うもの […]