【11/25刊行】『アレ』Vol.5寄稿者紹介(その3)

こんばんは、〈アレ★Club〉です。先日もお伝えしましたが、私たちは11月25日()に東京流通センターで開催される第二十七回文学フリマ東京で、機関紙であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』の新刊Vol.5を初頒布します。

【お知らせ】第二十七回文学フリマ東京で新刊を頒布します

また、一昨日からは特集テーマ・インタビュー記事・特別寄稿以外の個別記事について紹介しています。

【11/25刊行】『アレ』Vol.5寄稿者紹介(その1)

【11/25刊行】『アレ』Vol.5寄稿者紹介(その2)

本日も昨日・一昨日に引き続き、皆様に『アレ』Vol.5に掲載されている個別記事をご紹介していきたいと思います。寄稿者紹介第三弾の本日は、クムさん、難民さん、かかり真魚さんの三名です。

◆クム:良い転売と悪い転売[コラム]

kikousya007

本日最初の紹介は、クムさんのコラム「良い転売と悪い転売」です。Vol.2以来の参加になるクムさんは、普段は『分類コード本』や『商標本』など、私たちの身近にあるけれどあまり知らないものを掘り下げる同人誌を作っておられます。

https://www.kum-kum.net/

そんなクムさんには今回、「転売」についてのコラムをご寄稿いただきました。「転売」という言葉はどうしても悪い印象を抱きがちですが、クムさんにはご自身も小売業を営む立場から、転売、ひいては「そもそも商売とは?」という話を書いていただきました。

◆難民:ひとり暮らしの先に[エッセイ]

kikousya009

続いて、難民さんによるエッセイ「ひとり暮らしの先に」の紹介です。高山碧改め高山健さんと同じく本誌皆勤賞の難民さんですが、普段は関西でサラリーマンをしており、本誌には毎号「近況報告」という形でエッセイを寄稿していただいています。そんな難民さんですが、最近ついに念願(?)のひとり暮らしを始めました。しかし、そこにはAmazonやNetflixという強敵が待ち構えていて…?本誌と同じく第二期に突入した難民さんが新たに獲得した「自然体な」筆致で描き出す珠玉の「近況報告」エッセイです。

◆かかり真魚:夜屋台の人[創作]

kikousya008

本日最後の紹介は、かかり真魚さんによる短歌「夜屋台の人」です。本誌Vol.3でも「商店街」をテーマにした短歌連作を寄稿してくださったかかりさん、最近は短歌以外にも小説も執筆しておられ、文学フリマを中心に精力的に即売会に出店しておられます。そんなかかりさんの今回のテーマは「夜屋台の人」、つまり「テキ屋」です。かかりさんは「ハレの日」の出来事から垣間見える「景色」を、見事な技巧で描写してくださいました。「短歌とは、玉結びの文学である」と宣言するかかりさんの短歌、是非ご堪能ください。

本日の紹介は以上です。繰り返しになりますが、本日ご紹介したクムiさん、難民さん、かかりさんの記事が掲載されている『アレ』Vol.5は、11月25日()に東京流通センターで開催される第二十七回文学フリマ東京の〈アレ★Club〉ブース(キ-53)にて初頒布いたしますので、皆様よろしくお願いいたします。

以上、〈アレ★Club〉からのお知らせでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中