【お知らせ】永井光暁のカレー会@浅草橋(5/11)を開催します

こんばんは、〈アレ★Club〉です。

昨年9月に開催(※)し、沢山の方々にご参加いただいた「永井光暁のカレー会@浅草橋」ですが、今回は第二十八回文学フリマ東京終了後の「5月11日()」に開催する運びとなりました。

(※)前回のイベントレポートはコチラ

今回のカレー会ですが、前回「昼間に開催してほしい」というご意見をいくつかいただいたので、①「15時~18時」と②「19時~22時」の二部制にすることになりました。当日は文フリ東京で初頒布予定の新刊『アレ』Vol.6をイベント価格で頒布する他、〈アレ★Club〉メンバーのトークセッションや『アレ』に関する皆様からの質問にお答えする時間を設ける予定ですので、是非ともご参加ください!

【開催概要】

開催日時:2019年5月11日(土)/①15時~18時、②19時~22時
場所:浅草橋ブレッドボード(JR総武線・都営地下鉄浅草線の浅草橋駅近く)
参加費:社会人2500円/学生1000円
(※ドリンク持ち込み歓迎いたします)
参加方法:特になし(※)
(※)イベント参加に関して特にご連絡の必要はありませんが、仕込み数の都合がありますので、可能ならば当会のサークルアドレス(are.club.are@gmail.com)宛にご一報いただけましたら幸いです。なお、ご連絡いただけましたら、会場までの行き方を記載したメールを別途お送りいたします。

【カレー会開催の経緯】

当会の事務局長である永井光暁は、本業のフリーライター活動と並行して、趣味でカレーの食べ歩きや自作をしています。「いつかカレー屋を開く!」と普段から豪語している永井ですが、趣味が高じた結果、数年前に食品衛生責任者の資格を取得しました。

これまでは友人や知人を呼んで小規模なカレー会を何度かやってきましたが、「せっかくなので〈アレ★Club〉主催にして東京でやろう」という『アレ』編集長・堀江くらはの鶴の一声で、昨年から当会メンバーの“みく”が管理するシェアハウス兼イベントスペース〈浅草橋ブレッドボード〉で、不定期ですがカレー会を開くことになりました。

当日は永井や堀江の他、当会メンバーも多数参加しますので、「〈アレ★Club〉の人たちと話してみたい」という方や「『アレ』や「コレ!」の話を聞いてみたい」という方はもちろん、「どんなカレーか食べてやろうじゃないか」という方も大歓迎ですので、是非とも遊びにいらしてください。

【当日のカレーについて】

今回のカレー会では、永井特製の「スリランカのライス&カレー(っぽい何か)」(アイキャッチ画像を参照)をお出しする予定です。

前回のカレー会ではネパールの国民食である「ダルバート(っぽい何か)」をお出ししましたが、参加者の皆様から「混ぜて食べるカレーを他にも食べてみたい」というお声をいただき、その時の前日に作った「ライス&カレー(っぽい何か)」を出してみよう…ということになりました。

南アジアに位置するスリランカの料理は、インド料理と比べてココナッツミルクを多用するのでマイルドな味わいのものが多く、スパイシーな料理が苦手な人でもとても食べやすくなっています。また、海洋国であるため魚介類を使ったカレーが多く、日本の鰹節に近い「モルディブ・フィッシュ」という魚の乾物を味付けや出汁を取るのに使うため、日本人の口に馴染みやすいのが特徴です。

今回の「ライス&カレー(っぽい何か)」は、魚介類を使ったカレーの他、何品かのおかずとライスをワンプレートに盛り付けたものをお出しする予定ですので、自分のお好みで混ぜ混ぜしてお召し上がりください。皆様のご参加を、心よりお待ちしております!

以上、〈アレ★Club〉からのお知らせでした。