『資本』:人間とクレジットカード【山下泰春の「入門書」入門(第3回)】

前回:『理性の限界』:人間はどこまで「可能」か?【山下泰春の「入門書」入門(第2回)】 ◆グローバリゼーションの只中で 現代がグローバル社会と呼ばれるようになって久しい。少し足を伸ばして都会に出れば(あるいは観光地へ行け […]

「星空」がもたらす想像力とエネルギー:北海道地震の停電から考える【「数字」から垣間見る過去(第4回)】

前回:藁にも頼りたくなるとき:「幽霊」はどこにいったのか【「数字」から垣間見る過去(第3回)】 ◆星がモチーフの街 この連載を企画した当初から、星空を見るということについて語ろうと筆者は思っていた。そうした中で北海道で最 […]

【第4回】その灯火を手がかりに(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界)

前回:【第3回】出来たら配信!気が向いたら執筆!(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界) ◆お知らせ 本連載の肝と言える作品である『ひとりぼっちの地球侵略』が、先日の2018年9月12日に無 […]

【ボードゲーム批評】『ポンペイ滅亡』:命の数は死体の数だ【盤面は語る(第3回)】

前回:【ボードゲーム批評】『カルカソンヌ』について:競争と人数【盤面は語る(第2回)】 読者諸君は「命の音」を聞いたことがあるだろうか?  心臓の音、呼吸の音……「命の音」は色々あるが、これらは身体の生命活動が音を立てて […]

『理性の限界』:人間はどこまで「可能」か?【山下泰春の「入門書」入門(第2回)】

前回:『カント入門』:人間の「理性」は正しいか?【山下泰春の「入門書」入門(第1回)】 ◆理性の「限界」はどこにある? 前回の記事で筆者はイマヌエル・カント(1724~1804)というドイツの哲学者の入門書を取り上げ、彼 […]

藁にも頼りたくなるとき:「幽霊」はどこにいったのか【「数字」から垣間見る過去(第3回)】

前回:「世間」はどこにある?:その見方、教えます 【「数字」から垣間見る過去(第2回)】 ◆「常識」なくしては、生きられない 第1回、第2回と、このシリーズでは「常識」に横やりを入れるような記事を書いてきた。とは言うもの […]

【第3回】出来たら配信!気が向いたら執筆!(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界)

前回:【第2回】さいむ、誕生(私が『ひとりぼっちの地球侵略』と共に辿り着いた「コンテンツ」の限界) ◆最初の情報発信 「さいむ」としてTwitterで活動を始めてすぐの頃から、私は一つの課題を抱えていました。それは、私の […]

第1回:大人だってラノベが読みたいんですっ!(ライトノベルの特異点はどこですか?:ゼロ年代後半から分かるラノベ史)

前回:第0回:プロローグ「なんでライトノベルの特異点なんて探すんですか?」(ライトノベルの特異点はどこですか?:ゼロ年代後半から分かるラノベ史) ◆大人向けライトノベルの誕生 一般的に「ライトノベル」というと、どうしても […]

【ボードゲーム批評】『カルカソンヌ』について:競争と人数【盤面は語る(第2回)】

前回:【ボードゲーム批評】『カタン』と交渉:貧しい島と富める島【盤面は語る(第1回)】 『カルカソンヌ』は僕が最も好きなボードゲームの1つだ。そのせいか、どうもAmazonレビュー等とは若干ゲー厶に対する認識が異なる。恐 […]

『カント入門』:人間の「理性」は正しいか?【山下泰春の「入門書」入門(第1回)】

◆入門書に「入門」する  巷にはさまざまな「入門書」が流布している。しかし、その中には「初学者が読んでも理解できるか」というと、なかなか怪しい入門書もしばしば存在している。例はわざわざ挙げないが、それはたいていある程度の […]